【民泊ポリス】民泊URL特定マニュアル〜集合住宅編〜(2018年5月版)(民泊特定マニュアル(2018年5月版).pdf)

全162ページ
昨今、社会問題として取り上げられているヤミ民泊。今までは、黒に限りなく近いグレーと言われてきましたが、2018年6月15日に施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)によって「違法」民泊と明確化されます。

ヤミ民泊がここまで問題となった一番の原因は、「誰が、どこで行っているのか」が分からないように巧妙に運営されていることが挙げられます。そして、そのような秘匿性の高い運営方法によって、違法民泊の運営の証拠を押さえることも難しい状態です。この証拠がない限り、違法民泊の運営者は「友達を宿泊させているだけ」という言い訳が通用してしまいます。運営の証拠として、一番手っ取り早いものが「URL」ですが、「誰が、どこで行っているのか」を判断することが難しいということは、そのURLを探し出すことも簡単ではありません。


一方、民泊ポリスは民泊の所在を3万件近く暴き出しており、「最も違法民泊の実態を把握している存在」として連日、民泊関連のニュースに登場しています。最大手の民泊仲介サイトには一時期最大6万件以上が日本の民泊として掲載されていたことを考えると、相当数の民泊の所在を突き止めていることになります。

本マニュアルでは、一般の方でも民泊のURLや所在を掴めるようになるためのコツを伝授します。マンションの管理組合の方(民泊が疑わしいが証拠がなく、疑わしい部屋の所有者や賃借人に指摘してもやめてくれずに困っている)や、管理会社の管理人の方、違法民泊の摘発に情熱を燃やす行政の方など、違法民泊の証拠集め(URL)に困っている方、必見の内容となっております。

※一部、追記として2018年6月4日現在の民泊動向についても触れています。

¥ 29,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(116404927 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。